電動工具でウッドデッキを作る

ウッドデッキ作りに欠かせないものといえば、木材と工具です。
どちらもホームセンターで購入可能な代物ですが、皆さんは電動工具を手に取ったことはありますか?
機械仕掛けの工具は危ない感じがする、怪我をしたくないから使わない。
このようにして電動工具を敬遠するのは非常に勿体ないことと言えます。
電動工具を上手に使うことが出来れば、ウッドデッキ作りが捗るだけでなく、
理想のウッドデッキに近づけるための作業がスムーズになるのです。
そこで今回は、ウッドデッキ作りによく用いられる電動工具について詳しくご紹介します。

最初にご紹介するのはインパクトドライバーです。
こちらは、主にネジを締めるときに利用する工具です。
それならば普通のドライバーでも良いだろうと考える人もいるでしょうが、
インパクトドライバーは威力が全く違います。
インパクトドライバーは手で締めることが難しいコーススレッドと呼ばれる
ネジも軽々と締めることが可能なのです。
ウッドデッキでは根太と束柱、そして床板などの固定する際にビス打ちをすることになります。
人間の体重を支える木材は硬くて熱いものがほとんどですから、
これを固定するビスも手で締められるようなものではいけないのです。
インパクトドライバーは回転させるだけでなく圧力を加える機能も付いているので、
ビスが入りにくい木材でも手軽に固定することが出来るのです。

続いてご紹介するのはドリルドライバーです。
こちらは、インパクトドライバーに似ていますが、ビス止めよりも穴あけに適している工具です。
板材に綺麗にビスを打つには、固定箇所に穴をあける必要があります。
ウッドデッキで利用される木材は手作業で穴をあけるのは困難なものばかりですから、
ぜひともドリルドライバーを活用したいところです。
穴の深さを調節するストッパーやトルクなど、深く穴を開けすぎない工夫も施されているので、
初心者の方でも安心してご利用いただけることでしょう。
ウッドデッキ製作において、丸鋸を欠かすことは出来ません。
トリガーを引くことでチップソーが回転し、直線的に木材を切断するという工具となっています。
怪我をしないようにコードや板材の厚さに十分注意しましょう。

真っすぐに切るのが難しいと思える方は、丸鋸に付属している平行定規をご活用ください。
角材にこの定規を固定することで、基準となる箇所から真っすぐに丸鋸を走らせることが可能になります。
上級者になれば本体を傾けて傾斜のある切り口を演出することもありますが、
まずは丸鋸の基本である直線的な切り口を仕上げられるように練習しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です