ウッドデッキをおしゃれな空間に

ウッドデッキとは簡単にいえば木製の足場に過ぎません。
屋内から靴を履き替えることなく外に出られるとはいえ、
基本としては床板を敷きつめた足場であることは間違いないのです。
しかし、単なる足場以上としての価値を見出すことも出来ます。
家族の団欒スペースや、お子さんが遊ぶためのおもちゃ置き場、
洗濯物を干すなど、用途は家族の形態に合わせて変化していくことでしょう。
そんなウッドデッキをさらに楽しい空間にするには、
小物やウッドデッキのアレンジでおしゃれな雰囲気を演出してみてください。

心がウキウキするようなムードは、そこにいるだけで楽しくなりますよね。
ウッドデッキはシンプルだからこそ、アイデア次第で雰囲気を自由に変えられるのです。
今回は、ウッドデッキをおしゃれにするためのアイデアについて詳しく見ていきましょう。
ウッドデッキが道路やお隣の家に面している場合、多くの方はフェンスを立てていることでしょう。
ウッドデッキはプライベートな空間ですから、外からの視線が気になってしまうとリラックス出来ませんよね。

しかし、壁は一種の閉鎖的な雰囲気を生み出します。
それはおしゃれなものに変えたいときは、フェンスを改造しておしゃれな棚にアレンジしましょう。
ウッドデッキのフェンスに木材を継ぎ足す形で作成する棚は、
シンプルでありながらもおしゃれな雰囲気を演出します。
そこにランチョンマットなどの小物類でカントリー風の雰囲気をプラスするのも面白いといえます。
鉢植えの植物を置いたり、お子さんが遊んだりするためのおもちゃをしまっておくのも良いでしょう。
無機質な壁ではなく、娯楽スペースとしての機能を持ったものに変えてしまうことが、
壁をおしゃれで実用的なものしてくれるのです。
ウッドデッキはお庭との一体感が重要です。

ガーデニングを楽しんでいるお宅であれば、ウッドデッキにもその一部を移設すると
華やかでおしゃれな雰囲気に近づけることが出来ます。
ウッドデッキの一部の床板を切り出し、花壇として活用してみましょう。
もしくは、ウッドデッキからお庭に植えた人工芝に直接出られるような小道を設置するのも一つの手段です。
緑はリラックス効果の期待出来る色ですから、芝の面積が多いほどウッドデッキが憩いの場として機能します。
人工芝風のマットはホームセンターなどで気軽に買えますし、
おしゃれな鉢植えやじょうろを小物としてウッドデッキやお庭に飾り付けるのも良いでしょう。
ウッドデッキという空間を自分好みに変えていくことは、人生に彩を持たせる近道ともいえるのです。
おしゃれな雰囲気を意識しながら、ウッドデッキのエクステリアをアレンジしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です